ミキティ×鳩×考察

懸賞 2008年 11月 09日 懸賞

最近、ハロモニによくでてくる美貴ちゃんの鳩ポッポー。
みき鳩・ハトティ・みきポッポー色々なキャワな呼ばれ方をされています。

ところで、このみき鳩は鳩の中で何の種類なんでしょう??
まず、日本で繁殖している野生のハトの仲間は主に6種類
・キジバト
・アオバト
・シラコバト
・カラスバト
・ベコバト
・キンバト

世界には300種類以上いるわけですが、みき鳩は日本の園児を襲っているところを見ると、まず間違いなく日本の鳩だといえます。
この6種類からみき鳩はどれになるのか??
そのためにまずみき鳩の整理をしましょう!!(ハロモニを見た限り)

1・羽の色は青い
2・鳴き声はポッポー
3・都会にでてくる

この3つの定義がみき鳩の種類を追及する上でもっとも重要な点となってきます。

そして、さきほどの6種類の鳩を調べていくとある程度しぼれていきます。

消去法でいくと、まずアオバト。
これは樹上で主に生活し、みき鳩のように町中にはあらわれません。
まずアオバトは消えます。
そもそも羽の色も違いますね。

つぎにシラコバト。
これは名前通り、羽が白いです。
また、鳴き声もクックーであるため、みき鳩ではありません。
シラコバトも消えます。
みき鳩はもっとワイルドですよね』

つぎにカラスバト。
これは小笠原諸島など離島に主に住む絶滅危惧種。
羽の色は黒色ですし、鳴き声はウッウッーであるため違いますね。
カラスバトも消えます。
希少価値度では、みき鳩と並びます。

つぎにベコバト。
こいつは上記3つの定義から外れるため、またデータ不足のため消えます。

つぎにキンバト。
この鳩は限りなくみき鳩に近いです。
まず、羽の色が青っぽい。
しかし、この鳩の分布を調べると都会にでてくる種類ではなく、鳴き声もホロホッホーのため消えます。
見た目では、相当近かったのですが・・・。

ということは、最後に残ったのがキジバト。
そう、キジバトが、みき鳩の種類なのです!!
第一に羽の色はみき鳩とほぼ同じで青みがかっています。
そして、鳴き声もポーポーだそうです(たまにデューデュー)。
また、キジバトは都市にも進出してきて人の生活に密着して生活する傾向がある。
まさにみき鳩そのものですね。
そして、決定的なことが、北海道にいる個体は、冬には暖い地方へに移動する。
決まりです。
もう疑いの余地はありませんね。

キジバト=みき鳩
『みき鳩のモデルとなったキジバトちゃん』
みき鳩キャワキャワ!!
ポッポー!!

ちなみに、都会でよく見かける鳩はドバトと言いますが、これは日本の種の鳩ではないため、みき鳩ではありません。
あんな、どこにでもいる鳩じゃないのです。
[PR]

by miki2266 | 2008-11-09 13:51 | 日記

<< SEXY BOY~そよ風に寄り...   寝ぐせ×寝言×寝顔 >>