「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

℃-ute初単独コンサート終了

懸賞 2010年 10月 23日 懸賞

終わったよ!キューティーショー!

お疲れ様!ありがほう!

千秋楽の公演、えりかさんが泣いた。
だから、僕も泣いた。

愛理のソロがあった。
聞いていたら、立っていられなかった。

まいみぃがまっさらブルージーンズを歌いきった。
息を飲んで、その瞬間を見守った。

ナッキーが℃-uteをまとめていた。
ナッキーなりのポジションを模索し、大人に近づいていった。

ちっさーのトーク、ステージ度胸はすごかった。
緊張という言葉を微塵も感じさせなかった。

まいまいが大阪弁をしゃべった。
ションベンをちびりそうになった。

かんなちゃんがえりかさんの背中におでこをつけていた。
心底、ハァーンした。歌声が心地よかった。

それでも、キューティーショーを楽しみに2日間参戦してきました。
あまりにたくさんの思いがありすぎて、なにから書けばいいのかわからないですが、5回に分けて感想・レポートを書いていきたいと思います。

・コンサート内容
・握手会レポートと℃戦士の築いた伝説たち
・℃-uteというユニット
・えりかさんがめぐちゃんを超える時
・次回への飛躍・期待

今日は、コンサート内容について書きます!

セットリストに沿って感想を。

01. JUMP・・・まさか!?いきなり!!うぉぉぉおおー!でした♪

02. EVERYDAY YEAH! 片想い・・・連番者は当然、この歌は隣の知らないヲタだろうと勝手にキュートトレインを作って踊るのが楽しいですね♪

03. As ONE・・・驚きでした。早くもクルー!!振りコピたのしー♪

04. ENDLESS LOVE ~I Love You More~・・・カッコイイダンスでした。えりかさんが℃-uteの曲の中で好きな曲に挙げていました。確かにえりかさんパートが多く興奮♪

05. 即 抱きしめて・・・イントロかかった瞬間に昨年のキュートの日以来、封印されていたので鳥肌が立ちました。めーぐるパートはみんなでカバーし、大事な部分はまいまいが歌っていました。

06. YES! しあわせ・・・この曲もえりかさんのお気に入りの曲です。とても楽しそうに歌うメンバーが印象的だった♪

キューティーガールズ ショートコント (鈴木・岡井・萩原)

07. Shall We Love ? (矢島・梅田・中島・有原)・・・ごっちんを目標とするえりかさんは、ごまっとうの曲を歌えてうれしかっただろうなぁ。カッコよかったです。クールビューティーを体現していました。えりかさんのハミングは見せ場です。DVDで確認してください♪

08. 会えない長い日曜日 (岡井・萩原)・・・小学生2人がステージで堂々と歌っている。その事実だけで僕は、人間はすごいなと感心しました。

09. さよならのLOVE SONG (鈴木)・・・お鈴に乾杯!

(以下3曲メドレー)
10. ミラクルルン グランプリン!
11. ちょこっとLOVE (中島・鈴木・岡井)
12. 乙女パスタに感動 (矢島・梅田・有原・萩原→全員)

VTR

13. わっきゃない(Z)・・・メンバーの大切な曲のひとつ。一緒に踊った。

14. タイムカプセル・・・途中でみんな座って歌うので、タイガーして聞いてました。

15. 桜チラリ・・・立ち位置がなかなかマスターできませんでしたが、盛り上がりました。

16. 大きな愛でもてなして・・・サビはえりかさんパートとめぐパートを交互に踊ったら、超楽しかった。会場の動きがすさまじくキモかったのですが、最高でした♪

17. まっさらブルージーンズ・・・汗だくで踊りました。ただ無心で、えりかさんたちと踊れることに喜びを感じていました。

・・・本当に堂々としたステージでした。
初単独コンサートのために、並々ならぬレッスンを積んできたんだと思います。
今回は始まり!これからも℃-uteの活躍は続きます。
彼女たちの活動をずっとずっと応援できればなぁと思います。
[PR]

by miki2266 | 2010-10-23 13:50 | 日記

ファイナルファンタジーえりか

懸賞 2010年 10月 05日 懸賞

西暦1991年5月24日、えりかさんが誕生した。

リミットブレイクという男は、えりかさんに夢中だ。
可愛いからだ。逆指名も受けた(勘違い)

物心がついたころ、彼女はモーニング娘。・後藤真希さんに憧れていた。
そして、ハロプロキッズのオーディションに臨んだ。
持ち前の可愛さと歌を武器に当然、合格。
余裕の合格(タブン)。
オーディションでは、スピードのホワイトラブを歌っていた。

そんな彼女は16歳を過ぎている。
結婚ができる年齢だ。
リミットブレイクは、11歳年上なので明らかに結婚適齢期だ。

℃-uteというユニットに所属し、今年は活躍の場が多い。
キッズの世界は、学業優先のため卒業という可能性がある。
これは、本人の意思なので仕方ないことだ。

しかしながら、えりかさんは勉強が嫌いだ。
運動も苦手だ。プロフィールに書いてあった。
もし、学業優先で卒業とか発表したら、、、
リミットブレイクは事務所にウソツケーと怒鳴り散らすだろう。

~中略~

℃-uteのメンバーを大好きなヲタたちが少しずつ集まりはじめた。
そのヲタたちは、自らを℃戦士と名乗り、日々現場を待ちわびている。
℃戦士にとって、℃-uteは光り輝くクリスタルなのだ。

今月はえりかさん待望の℃-ute単独コンサートが催される。
コンサート会場には魔物が住んでいる。
バルログ・ゴリラーマン・侍・死神貴族・河童野郎etc
色々な芸をもっていて、迷惑千万のプゲラもいる。
といっても、彼らも現場じゃ割とおとなしかったりする。
形は違えど、彼らも℃-uteが好きなのである。
メンバーは半端なく可愛いからな。
好敵手なのだ。だが、絡むことはあまりない。

えりかさんと会う時どんな格好をしていくかリミットブレイクは悩んでいる。
金欠気味のため、新しい服を買う余裕はない。
むしろ、会場ではTシャツが発売されるはずだ。

ファイナルファンタジーの世界では、ジョブチェンジが可能だ。
現在リミブレのジョブチェンジ可能な職業といえば、
ナイト(スーツ)・モンク(Tシャツをまくるだけ)・学者(ジャケット)
風水士(ニット帽かぶるだけ)・シーフ(トレンチコート)
バーサーカー(獣系の服着るだけ)・たまねぎ剣士(タペストリー装備)

えりかさんの前ではカッコつけたいのだ。
とかいいつつも、会場内ではモンクとたまねぎ剣士を掛け合わせた格好をしているだろう。

~中略~

℃-ute単独コンサートでは、数多くのアイテムを入手して帰るだろう。
かんコバさんという仲間にはかんなグッズを頼まれている。
参加したくてもできない仲間もいるのだ。
貴重なコンサートを楽しみ、レポートを書いて共有するのだ。

セットリスト予想は競馬の予想よりも楽しく、刺激的だ。
えりかさんソロの歌があったら、瀕死になるだろう。
むしろ、瀕死になりたい。

戦いはチケット入手の段階から始まっている。
プラチナチケットのため入手は困難をきわめる。
余ってる人がいたら、尻尾ふって引き取るぞ。

ただ、リミットブレイクはある計画を敢行するか考え中だ。
そのためには、℃戦士の協力が必要なのだ。
[PR]

by miki2266 | 2010-10-05 13:02 | 日記